【2020年4月】新規登録キャンペーン
(タップで詳細を表示)

PeXの評判・評価。ポイントの稼ぎ方・貯め方のコツも紹介!

PeX(ペックス)の概要
運営会社 株式会社VOYAGE MARKETING
https://voyagemarketing.com/
ポイントレート 10ポイント = 1円
最低交換額 100円から
主な交換先 ・現金
・ギフト券(Amaznギフト券・iTunesギフトコード・etc)
・電子マネー(WAONポイント・nanacoポイント・etc)
・航空マイレージ(JAL・ANA)
・etc
交換手数料 無料~
※現金は50~200円/回(金融機関による)

PeXの公式サイト

https://pex.jp/

PeX(ペックス)は株式会社VOYAGE MARKETING(ECナビのグループ企業)が運営しているポイント合算サイトです。

ここ最近は後発のポイント合算サイトであるドットマネーに追い抜かれてしまった印象が強いです。しかし、今でも中堅どころとして多くの人に重宝されているサービスとなっています。

広告利用には適していません(後述)が、ポイ活に取り組むならお世話になる機会が多いポイント合算サイトだと思います。

PeXを使わずにポイ活することはまず無理かな。

もふリス

安全面に関してはポイントサイトの業界団体である「JIPC」に加入済み、親会社の 株式会社VOYAGE GROUPがプライバシーマークを取得済み、通信を暗号化するSSLを導入済み、など全く問題ありません。

PeXが使いやすいポイント合算サイトである理由

対応しているサイトが多い

PeXは対応しているポイントサイトが多いというメリットがあります。

PeXに対応しているポイントサイト・アンケートサイトの一例

PeXに対応しているポイントサイトの一例

少なくとも当サイトで紹介している主要なポイントサイトのほとんどはPeXへポイント交換可能です。

キツネくん

もはやPeXなしではポイ活が成り立たないって感じだな。

また、アンケートサイトマクロミルもPeXに対応しており、マクロミルユーザーがPeXを使う機会は多いです。

交換先が豊富

PeXは選べる交換先の種類がとても多いです。

PeXの交換先の一例

PeXの交換先の一例

現金はもちろん、ギフト券・ポイント・商品券・航空マイルなど多種多様な交換先が用意されています。

PeXの交換先の一覧

https://pex.jp/exchange

ポイントサイトは広告掲載が本業であるため大手のサイト以外は交換先が充実していないことが多いです。しかし、交換先の乏しいポイントサイトでも一旦PeXを経由することであなた好みの交換先を選べるようになるのです。

正によりどりみどりだよ!

もふリス

PeXの注意点・デメリット

換金時は手数料が必要

PeXでは1回の換金につき50~200円の手数料がかかります。

キツネくん

現金に交換する度に手数料が必要なのは地味に痛いな・・・

換金手数料を軽減するためには以下のような対策を取りましょう。

PeXの換金手数料を軽減する方法
楽天銀行へ入金する
楽天銀行は交換手数料が最も安価な50円/回です(他の金融機関は100~200円/回)。
できるだけまとめて換金する
手数料は「1回あたり」の金額です。一度に大量のポイントを交換すれば、交換金額あたりの交換手数料は安価に抑えられます。
増量サービスを活用する
特定のポイントサイトからPeXにポイント交換すると少しだけ増量します。

一定以上の金額をPeXへ交換すれば、増量分のポイントで換金時の手数料を相殺できます。

交換完了まで時間がかかる場合もある

PeXはポイント合算サイトという性質上、最終的な交換が完了するまでに二段階の交換が必要です。

その分だけ交換完了までに時間がかかることがあります。ポイントサイトからPeXにポイントを移動する前に、二段階の交換でどのくらいの日数がかかるのかを確認しておいた方が良いと思います。

ただ、サイトや交換先の組み合わせ次第ではPeXを経由することで逆に交換完了までが早くなるケースもあります。

PeX経由で交換完了が早くなるケース
ライフメディアからPeX経由での現金への交換
直接交換だと最短でも4営業日ですが、PeX経由だと最短で翌日営業日には交換が完了します。
マクロミルからPeX経由での現金への交換
直接交換だと最短でも約20日ですが、PeX経由だと最短でリアルタイム交換が可能です。
マクロミルからPeX経由でのAmazonギフト券への交換
直接交換だと最短でも約20~25日ですが、PeX経由だと7日前後で交換が可能です。
本当にケースバイケースだから、事前の確認は大事だよ!

もふリス

PeXで稼ぐ方法・貯める方法は?

ポイントサイトを活用する

PeXのポイントはポイントサイトで稼ぐのが鉄則です。

PeXに対応しているポイントサイト・アンケートサイトの一例

PeXに対応しているポイントサイトの一例

ポイントサイトでは主に広告利用に取り組むと短時間で大量のポイントをゲットできます。当サイトではポイントサイトの稼ぎ方を詳細に解説しているので参考にしてみて下さい。

キツネくん

ポイ活なら万単位でポイントを稼げるから楽勝だな!

また、アンケートサイトマクロミルリサーチパネルなどを利用してコツコツとポイントを稼ぐのもアリだと思います(あくまでもメインはポイントサイトがオススメですが)。

「PeX投資」でポイントが増えるかも

PeXには所持ポイントを使って投資ができる「PeX投資」というコンテンツがあります。

ポイントで投資ができるPeX投資

簡単に言うと、PeX投資は一定期間ポイントを預けて投資案件で運用することでポイントが増えます。しかも、銀行の定期預金はもちろん、通常の投資商品に比べると利率は断然良いです。

PeX投資は高利率

あまりに人気過ぎて募集がかかると速攻で枠が埋まってしまうため参加するのが大変ですが、取り組むのは悪くないと思います。

キツネくん

じゃあ、バンバン投資しまくればウハウハってことか!

しかし、あくまでも「投資」なので運用が上手くいかなければ儲かるどころか逆に損をするリスクがあります。注意しましょう。

取り組むときは自己責任だよ!

もふリス

PeX投資の評判・口コミ。失敗リスクがあるので余剰資金が必須 PeX投資をやってみた!結果どうなった?

「PeXポイント定期預金」で確実にポイントが増える

PeXポイント定期預金」というコンテンツもあります。

ポイントを確実に増やせるPeXポイント定期預金

その名の通り、一定期間ポイントを預けると利息が付くという内容です。

利率は「PeX投資」には劣りますが銀行の定期預金とは比べ物にならないくらい高利率です。しかも、定期預金なので「PeX投資」と異なり絶対に減ることはありません。

PeXポイント定期預金は高利率

キツネくん

確実にポイントを増やしたいなら「PeX投資」よりも良さそうだな!

ただ、PeX投資以上に人気があるせいで募集枠が速攻で埋まってしまうという問題があります。募集は月初めですが告知は前月末なので事前に新着情報をチェックしておきましょう。

PeX定期預金は待つだけでポイントが増える!参加できないときの対策は?

PeXのオススメ交換先は?

現金(楽天銀行)

PeXで一番のオススメ交換先は現金(楽天銀行)です。

PeXは現金(楽天銀行)への交換がオススメ

楽天銀行に限定している理由は、楽天銀行だと手数料が安価(50円/回)な上に交換完了が最短でリアルタイムだからです。

キツネくん

でも、手数料がかかるならポイントサイトから直接換金した方が良いんじゃないのか?

確かに全てのポイントサイトのポイントを必ずPeX経由で換金しないといけないわけではありません。サイトによってはドットマネー経由で換金する方が良い場合もあります。

ただ、以下のポイントサイトについてはPeX経由での換金をオススメしています。

PeX経由でのポイント交換が推奨されているポイントサイトの例
ライフメディア
ライフメディアのポイントをPeXへ交換すると2%増量します。
i2iポイント
i2iポイントのポイントをPeXへ交換すると1.5%増量します。
ECナビ
PeX以外の交換先は交換レートが悪いため、ECナビの交換先は実質的にPeX一択です。

ライフメディアとi2iポイントは一定額以上のポイントをPeXへ交換すれば増量分のポイントで換金時の手数料を相殺できるのでトータルではお得です。

交換レートの良い交換先

PeXの交換レートは基本的に「等価」ですが、一部の交換先は等価以上のレートでポイント交換が可能です。

等価以上の交換レートの交換先の例
ニッセンポイント
500円分のポイントで550円分が手に入ります(10%お得)。
Amazonギフト券
99円分のポイントで100円分が手に入ります(1%お得)。
App Store & iTunes ギフトコード
490円分のポイントで500円分が手に入ります(2%お得)。
Google Play ギフトコード
99円分のポイントで100円分が手に入ります(1%お得)。
Pollet(ポレット) : VISAプリペイドカード
200円分のポイントで201円分が手に入ります(0.5%お得)。

※詳細はPeXの交換ページを参照

PeXではこういった少しお得な交換レートの交換先もオススメです。

上記の交換先はいずれも多くのポイントサイトから直接交換が可能です。しかし、一旦PeXを経由する方がお得な場合が多いので一手間かけるだけの価値はあると思います。

数%だけの違いでも、何回も交換を重ねると大きな差になるからね!

もふリス

まとめ

PeXはポイント合算サイトの中では利用する機会が多いです。

PeXの利用機会が多い理由
  • PeXに対応しているポイントサイトが多い
  • PeXへ交換するだけで増量するポイントサイトがある
  • 直接交換よりも交換完了が早いポイントサイトがある

とはいえ、換金時には必ず手数料が必要である・交換完了までの時間が長くなるケースもある、といったデメリットも少なくありません。

キツネくん

PeXは優良なポイント合算サイトだけど万能ではないってことだな。

PeXを経由すべきかどうかは、「交換元となるポイントサイト」と「最終的な交換先」によって答えが変わってきます。最適なポイント交換ができるように、PeXに交換するときは事前によく考えてからにしましょう。

ケースバイケースだから臨機応変に対応しよう!

もふリス

PeXの公式サイト

https://pex.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です