【2020年4月】新規登録キャンペーン
(タップで詳細を表示)

すぐたまの評判・評価。プリンスポイントを貯めてプリ活ができる!

すぐたまの概要
運営会社 株式会社ネットマイル
https://biz.netmile.co.jp/
ポイントレート 2mile(マイル) = 1円
※全てネットマイルに貯まる
最低交換額 100円から
主な交換先 ・現金
・ギフト券(Amaznギフト券・iTunesギフトコード・etc)
・電子マネー(WAONポイント・nanacoポイント・etc)
・ポイント(Tポイント・LINEポイント・etc)
・他社ポイント(プリンスポイント・etc)
・etc
※全てネットマイルに貯まる
交換手数料 無料~

すぐたまは株式会社ネットマイルが運営しているポイントサイトです。2015年にネットマイル(ポイント合算サイト)からポイントを稼ぐ機能が分離されて誕生した経緯があります(そのため、通算の運営期間は20年近い老舗です)。

以前は広告の還元率が平凡で特に目立つ特徴もなく、何もかもが中途半端なポイントサイトという印象でした。しかし、2018年から急激なリニューアルを実施しており、高還元広告の掲載・仮想通貨の付与・プリ活(後述)などの強みを持つようになったので、今では利用価値の高いポイントサイトの一つだと言えます。

万人受けするわけじゃないけど、刺さる人には刺さるサイトだね!

もふリス

安全面においては、JIPCへ加入済み、プライバシーマークを取得済み、SSL(通信の暗号化)を導入済みなので抜かりありません。

2020年4月すぐたま新規登録キャンペーンは?紹介経由で300円を貰える!

すぐたまの特徴

高還元広告が増加中

2018年以降、すぐたまはお得な広告の掲載数や頻度が増えてきています。

すぐたまの高還元広告の例(タイムセール)

複数ポイントサイトで還元額を比較してみたらすぐたまが最高額だった、なんてことは今では全然珍しくありません。全ての広告の還元額が高いわけではないとはいえ、広告利用で稼ぐなら絶対にすぐたまを利用する機会が訪れるので押さえておきましょう。

以前のすぐたまからすると信じられないくらい広告が充実してるんだよね。

もふリス

キャンペーン中のお得な広告はトップページで大きく宣伝されているので見逃すことはないと思います。

仮想通貨「ビットマイル(XBM)」を貰える

注意

2019年5月31日をもってビットマイルの配布キャンペーンは終了しました。

すぐたまで広告利用などのアクションを行うと仮想通貨「ビットマイル(XBM)」を貰えます。

すぐたまは仮想通貨ビットマイル(XBM)を貰える

キツネくん

仮想通貨?ポイントサイトで?

と思うかもしれませんが、すぐたまの親会社が仮想通貨を通して資金調達(ICO)を行っている(これから行う?)関係ですぐたまユーザーにもビットマイルが配布されているという経緯です。

今のところビットマイルに金銭的な価値はないのですが、ビットコイン(BTC)のように高騰する可能性も無きにしもあらずなので将来的には大きなリターンを期待できると思います。

所持ビットマイル(XBM)

現在、21,000XBMを所持しています。
もし、ビットマイル(XBM)ががビットコイン(1BTC = 数十万円)のように高騰したとすると凄まじい金額になります。

仮に無価値になってもタダでもらえるので損失は一切ありません。今のうちにすぐたまを利用してビットマイルを貯めまくるのがオススメです。

プリンスポイントで「プリ活」に取り組める

すぐたまでは「プリ活」に取り組むことが可能です。

プリ活とは?

ポイント合算サイトネットマイル」にてプリンスポイントを獲得し、プリンス系列のホテルや旅館などを格安で利用する活動のことです。

普通に宿泊するときに比べて半額以下になることも珍しくありません。

例(品川プリンスホテル) : 本来1.5~2.0万円の部屋に5,000円分のポイントで宿泊できる

キツネくん

「プリ活」って初めて聞いたけど、何か凄そうだな!

旅行系のポイ活と言えば陸マイラー(航空会社のマイルを貯めて格安で飛行機に乗る)が有名ですが、お得度ではプリ活も陸マイラーに負けてはいません。

もし旅行が趣味なのであれば、プリ活は陸マイラーと合わせて是非おすすめしたい活動です。

ポイント交換は「ネットマイル」の利用が必須

すぐたまのデメリットはポイント交換の際に必ずポイント合算サイトネットマイル」を使わなければならない点です。

というか、すぐたまのポイントは全てネットマイルに貯まるんだよね。

もふリス

ネットマイルはポイントサイト&ポイント合算サイトの中で唯一プリンスポイントに交換できる(= 唯一プリ活が可能)というメリットがあるのですが、ネットマイル自体はお世辞にも使いやすいポイント合算サイトだとは言えません。

例えば、ネットマイルでは換金を含めて多くの交換先は手数料が必要です。

ネットマイルの交換手数料(現金)

例 : 現金へ交換するときの手数料
※50円/回~

もちろん手数料無料の交換先も存在するのですが、現金派のポイ活ユーザーにとって不便極まりないという事実は変わりありません。手数料の存在はすぐたまを敬遠する理由の一つになると思います。

キツネくん

手数料があると気持ち良くポイント交換できないからな・・・
MEMO

ネットマイルに対応している主要なポイントサイトはすぐたま・ハピタスゲットマネーの3つだけです。しかも、ハピタスとゲットマネーはドットマネーに対応しているのであえてネットマイルに交換する理由がありません。

従って、すぐたま(&ネットマイル)では「(PeXのように)できるだけ多くのサイトからポイントを集めてまとめて換金することで手数料負担を軽減する」というテクニックはあまり有効ではありません。

グレード会員制度でボーナス最大20%

すぐたまにはグレード会員制度(いわゆるランク制度)があり、最大グレードのプラチナ会員になると獲得したマイルに対して最大20%のボーナスが付きます。

すぐたまのグレード会員制度(ランク制度)は最大20%のボーナス

例えば、ゴールド会員(15%)のときに10,000マイルを獲得すると1,500マイルのボーナスを貰えます。

すぐたまはゴールド会員で15%のボーナス

ボーナスはポイントサイト業界で最高レベルだよ!

もふリス

ただし、グレードアップ条件がやや厳しいという欠点があります。

すぐたまのグレード会員制度のグレードアップ条件

上記の通り、過去6ヶ月の「広告の承認回数」または「獲得マイル数」のどちらか一方の条件を満たせば良いとはいえ、高グレードを維持するためには常に広告を利用し続ける必要があるからです。

グレード維持が目的になって使う必要のない広告に手を出すのは本末転倒なのでグレード維持に躍起になる必要はないと思います。

MEMO

すぐたまに新規会員登録してから3ヶ月間は「特別ゴールド会員」となり、グレードアップ条件の達成状況に関わらずゴールド会員と同じ特典を受けられます。

ネットマイルカード作成で永久ゴールド会員に!

もし、高ランクを維持したいのであればネットマイルカードを作って永久ゴールド会員の身分を手に入れるのがオススメです。

すぐたまで永久ゴールド会員になる条件

文字通り、ネットマイルカードを作るとその後はずっとゴールド会員でいられるからです(ゴールド会員未満に落ちなくなるだけなので、条件達成でプラチナ会員にランクアップは可能です)。

キツネくん

最高グレードのプラチナ会員ではないけど、妥協案としては良さげだな!

もしくはネットマイルの利用歴が長いなら「通算5年 & 通算10万マイル獲得」の条件を狙うのもアリです。

いずれにしても広告利用でグレードを維持するよりも圧倒的に簡単なのでグレード制度を活用したいなら永久ゴールド会員になるべきだと思います。

お得なポイント交換の方法・コツ

すぐたま(&ネットマイル)の交換先の中では以下がオススメです。

すぐたま(&ネットマイル)のオススメ交換先
  • 手数料無料の交換先
  • プリンスポイント

ネットマイルの交換先のほとんどは手数料が必須ですが、Amazonギフト券・AppStore&iTunesコード・GooglePlayギフトコードなど手数料が無料の交換先もいくつかあります。こういった交換先へ優先的に交換するのが良いと思います。

また、プリ活に必要なプリンスポイントはネットマイルでのみ交換可能です。非常にレア度の高いポイントなのでプリ活に取り組むなら交換の機会は多くなるはずです。

なお、現金への交換は必ず手数料がかかるのでできるだけ回避した方が良いと思います。どうしても現金が欲しいならプリペイドカードの「kyash(キャッシュ)」の活用を検討しましょう。

kyash(VISAブランド)はクレジットカード対応店ならほとんど現金のように使えるからね!

もふリス

まとめ

広告利用でポイ活に取り組むならすぐたまは押さえておいた方が良いポイントサイトです。

それ以外にも仮想通貨のビットマイル(XBM)やプリ活といった強みのあるポイントサイトなので、すぐたまは活用しやすいと思います。

ポイント交換周りが残念(特に換金時の手数料)とはいえ、総合的にはオススメできるポイントサイトであることは間違いありません。有効に利用していきましょう。

2020年4月すぐたま新規登録キャンペーンは?紹介経由で300円を貰える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です