【2020年11月】新規登録キャンペーン
(タップで詳細を表示)

ライフメディアからTポイントへの最適交換方法は?PeX経由がオススメな理由

ポイ活の一環としてウェル活に取り組んでいる方は多いと思いますが、ウェル活には大量のTポイントが必要なのでポイ活に稼いだポイントを如何にして効率良くTポイントへ交換するかはとても重要です。

当記事では、稼ぎやすいポイントサイトの1つであるライフメディアで稼いだポイントをTポイントに交換する最適な方法について解説します。

結論から言うとPeX経由での交換が最もオススメだよ!

もふリス

ライフメディアからTポイントへ交換する最適な方法は?

大前提として、ライフメディアの交換先の中にTポイントはありません。従って、ライフメディアからTポイントへ直接交換することはできません。

ライフメディアのポイント交換先にTポイントはない

キツネくん

えっ!?
じゃあ、最初から詰んでるってことか・・・?

しかし、ご安心下さい。ライフメディアではポイント合算サイトを経由することでTポイントへ交換することが可能です。

PeX・ドットマネー・Gポイント経由の3通り

ポイント合算サイト経由でTポイントへ交換するルートは「PeX経由」と「ドットマネー経由」と「Gポイント経由」の3パターンがあります。

ポイント合算サイト経由でライフメディアからTポイントへ交換する

それぞれの交換ルートの特徴を比較すると以下の通りです。

合算サイトを利用したTポイントへの交換ルートの比較
比較項目経由するポイント合算サイト
PeXドットマネーGポイント
交換手数料50円/回
(PeX → Tポイント)
無料5%/回
(Gポイント → Tポイント)
交換日数翌営業日中5営業日以内約15日後
最低交換額500円1,000円500円
その他2%増量
(ライフメディア → PeX)
特になし特になし

Tポイントへの交換はPeXルートがおすすめ!

キツネくん

この3つなら手数料無料のドットマネー経由が良さげだな。

と思うかもしれませんが、ライフメディアからTポイントへ交換するときはPeX経由が一番オススメです。

Tポイントへの交換にPeX経由をオススメする理由
PeX経由は最短で翌営業日に交換完了するから
「ライフメディア → PeX」は翌営業日に交換完了、「PeX → Tポイント」はリアルタイムに交換完了です。
2%増量で交換手数料の50円を無視できるから
ライフメディアからPeXに2,500円以上を交換すると2%増量分で50円を貰えるので、手数料の50円を相殺できます。
※2,500円 x 0.02 = 50円

交換完了日数はPeX経由が最短です(翌営業日)

ポイント合算サイト経由でライフメディアからTポイントへ交換するときの交換日数

ポイント合算サイトを経由するときの交換日数

また、PeX経由は交換手数料がかかりますが2%増量のおかげで実質的には交換手数料は無料です。

ポイント合算サイト経由でライフメディアからTポイントへ交換するときの手数料

ポイント合算サイトを経由するときの交換手数料

つまり、PeX経由は交換日数が早い上に交換手数料が実質無料です。あえてドットマネーやGポイントを経由する意味はないと思います。

等価で交換できるドットマネーはまだしも、交換手数料が5%のGポイント経由は論外だね。

もふリス

ライフメディアからPeX経由でTポイントへ交換する方法・手順

ライフメディアからPeX経由でTポイントへ交換する方法・手順
  1. ライフメディアからPeXへポイント交換する(PeXの口座番号が必要)
  2. PeXからTポイントへポイント交換する

PeX口座番号は以下のページに記載されています。

ポイント通帳 | ポイント交換のPeX

https://pex.jp/user/point_passbook/all

ライフメディアからPeXへ交換申請する前に、通帳ページ内に記載されている「口座番号」(数字4桁 x 4)をメモしておきます。

PeXの口座番号

まとめ

ライフメディアを活用してウェル活に取り組むならPeX経由でのTポイントへの交換が鉄則です。

「PeXへの交換で2%増量」を前提にしているので増量が廃止にされると話が変わってしまいますが、当面は2%増量は継続されるはずなので将来的にどうなるかについてはあまり気にしなくても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です