【2019年10月】新規登録キャンペーン
(タップで詳細を表示)

ポイ活は複数のポイントサイトを利用した方が稼ぎやすい理由

ポイ活で上手に稼ぐためには、特定のポイントサイトのみを使うのではなく複数のポイントサイトを並行して利用する方が良いです。

こんなことを書くと友達紹介で稼ぐために沢山のポイントサイトに登録させたいだけじゃないの?」と(私に対して)思うかもしれません。

もちろん、それは間違ってはいません。あなたが当サイト経由で色々なポイントサイトに登録してくれると私が儲かるのは紛れもない事実です。

しかし、複数のポイントサイトの利用にはいくつもの大きなメリットがあるからこそオススメしているのもまた事実です。

以下で詳細に解説していきたいと思います。

複数ポイントサイトを利用すると稼ぎやすい理由

常に最高還元額で広告を利用できる

各ポイントサイトに掲載されている広告は、サイト毎にポイント還元額が異なります。

例えば、この記事を書いている時点において、いくつかのポイントサイトの「楽天銀行 口座開設」を比較すると以下の通りでした。

例 : 「楽天銀行 口座開設」の
ポイント還元額の比較
ポイントサイト名 ポイント還元額(円)
ちょびリッチ 900円
ポイントインカム 800円
モッピー 800円
ライフメディア 600円
ポイントタウン 550円
ハピタス 400円
i2iポイント 300円

この場合、最もポイント還元額が高い「ちょびリッチ」を経由して申込みをするのが一番お得であることは誰が見ても明らかです。

ちょびリッチの「楽天銀行 口座開設」のポイント還元額

ちょびリッチのポイント還元額は900円
(2pt = 1円)

i2iポイントの「楽天銀行 口座開設」のポイント還元額

i2iポイントのポイント還元額は300円
(10pt = 1円)

しかし、仮にちょびリッチを利用していないとすると「ちょびリッチの900円還元」には気が付かないため、本来稼げるはずの900円を稼げなくなってしまいます。利用するポイントサイト数が少ないがために損をしてしまうのです。

上記の例だと、もともとの相場があまり高くないので最高額(900円)との最低額(300円)の差額は600円しかありません。しかし、高額広告(FXやクレジットカード発行など)だとサイト間の差額が1万円近くにまで広がることも多いです。

ちょびリッチの「dカード GOLD」のポイント還元額

例 : dカード GOLD
ちょびリッチのポイント還元額は15,000円
(2pt = 1円)

colleeeの「dカード GOLD」のポイント還元額

例 : dカード GOLD
colleee(コリー)のポイント還元額は6,000円
(10pt = 1円)

また、ポイ活歴が長くなって利用する広告の数が増えるほど「差額」が積み重なって損をする金額も大きくなるという問題もあります。

このような理由から、利用するポイントサイト数が少ないと、自分ではそのつもりはなくとも稼ぎにくくなってしまうのです。

逆に、利用するポイントサイト数が多くなれば常に最高額のポイント還元を受けられるため、広告利用で効率的に稼げるようになるというメリットがあります。

リスク分散になる

利用するポイントサイトが少ない場合、常に少数のポイントサイトを経由して広告の申込みをすることになります。当然、ポイント残高も高めに推移しやすいと思います。

しかし、ポイントを一極集中すると、以下のような場合に所持ポイントを全てを失ってしまうリスクがあって危険です。

ポイントサイトのポイントを全額失うケース
  • ポイントサイトが突然閉鎖するとき
  • ポイントの有効期限が切れるとき

前者の「閉鎖」の関しては、JIPC(ポイントサイトの業界団体)に加盟済みのポイントサイトならほぼ心配する必要はありませんが、未加盟のサイトだとその限りではなく、ある日いきなりサイトが閉鎖するリスクがあります。

また、閉鎖には至らずとも経営不振等の理由によりポイント交換制限がかかって、ポイントが塩漬けになるケースもあります。

実際、2018年には「PONEY(ポニー)」にて半年以上もポイント交換ができない異常事態が発生しましたし、現在(2019年1月中旬)も「ひと月の交換上限が500円まで」という理不尽な仕打ちが継続しています。

後者の「有効期限」に関しては、ポイントサイトの利用規約次第では半年程度で失効になることがあります。

げん玉のポイント有効期限(ポイント通帳で確認)

例 : げん玉のポイント失効予定日
※げん玉は最後の広告利用から180日経過で失効

半年だと長く感じるかもしれませんが、半年なんて意外とすぐです。ネットで検索すると有効期限切れでポイントを失効させてしまった人の体験記などが散見されるので、ポイント失効をやらかしてしまう人は結構多いようです。

こういったポイント失効のリスクを回避するためにも、複数のポイントサイトに登録してポイントを分散させておく方が良いのです。

ポイントサイトを見る目を養える

複数のポイントサイトを利用していると、「ポイントサイトの平均的なサービス水準」が何となく理解できるようになります。

ポイントサイトの平均的なサービス水準の例
  • ポイント交換の最低交換額は300~500円くらいが多い
  • ポイント交換先は現金・Amazonギフト・iTunesコードなどが鉄板
  • 問い合わせへの回答は1週間~10営業日が多い
  • 個人情報の第三者認証(プライバシーマークTRUSTe)を取得しているサイトが多い

※上記の他、各広告のポイント還元額のおおよその相場も掴めるようになります。

このような点を把握できれば各ポイントサイトの強み・弱点なども分かるようになるので、自分の中でポイントサイトの評価基準を確立することができ、お気に入りのサイトも見つけやすくなると思います。

また、こういったポイントサイト業界の「常識」を身に付けることで、明らかにサービス内容がおかしい詐欺サイトなどを見極められるようになるというメリットもあります。

いくつのポイントサイトを利用すれば良いのか?

「複数のポイントサイトを利用する方が良いとは言っても、具体的に何サイトを利用すれば良いの?」という疑問が湧くと思います。

一概には何サイトが良いとは言えませんが、最低でも5サイト、可能なら10サイトくらいは登録しておくことが望ましいです(オススメのサイトは後述)。

特に広告利用で稼ぐつもりなら登録サイト数が少ないと全く話になりません。理由は先述の通りです。

登録したまま使わないのもアリ

なお、ポイントサイトに新規登録をしたからといって、すぐに広告利用をしなければならないというわけではありません。

とりあえず登録だけを済ませておいて、お得な広告が掲載されたときだけ利用するスタイルでも全然OKです。私自身も、登録はしているけれど数ヶ月に1回しか利用しないサイトは結構多いです。

ただ、ポイントサイトもサイトの利用規約によっては長期間(半年~1年くらい)ログインしないと退会扱いになることもあるので、定期的にログインだけはしておいた方が良いです。

オススメのポイントサイトは?

最優先で登録したい5つのポイントサイトは以下の通りです。

ポイ活初心者に強くオススメしたいポイントサイト

これらのサイトは広告還元額が高めなのでお世話になる機会が多いです。また、キャンペーン等も豊富なサイトが多いので稼ぎやすいところばかりです。

「月1万円以上」を稼ぎたいなら最低でも上記5サイトには絶対に登録しておきましょう。

その他のポイントサイトは以下の記事をご参照下さい。

まとめ

ブログやSNSなどではポイ活に取り組んでいる人が沢山います。そして、毎月大きな金額を稼いでいるような人は必ず複数のポイントサイトを併用しています。

「複数サイトを利用する → 大きく稼げる」とは言いませんが、「利用サイト数が少ない → 稼げない」は間違いないと思います。

ポイントサイトはどこも無料で登録できますので、とりあえず登録だけは済ませておくようにしましょう。今すぐ利用せずとも、後から利用する機会が必ず訪れるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です